FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水換えのつらい季節になりました

毎年この時期になると、ミドリガメ亀松の暮らすカメ小屋の水換えがつらくなってきます。

エサを食べなくなっているので、暑い時期に比べると水の汚れは少ないのですが、亀松の健康のために水換えしないわけにはいきません。

水換え前のタライの水温は13℃でしたが、水道水の水温は18℃と少し温かく、亀松も動きが活発になったような気がしました。

写真は撮れませんでしたが、しっかり甲羅干しもしていました。

20131110-1.jpg

20131110-2.jpg

亀松NET
(ただいま、カメ観賞スポット狛亀・亀像スポットをあわせて、28都府県296スポットについて紹介しています。)


にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村でカメの人気ブログをチェック!
(クリックしていただくと、亀松BLOGのランクも上がり、励みになります。1日あたり1回まで有効です。)
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kamematsu.blog86.fc2.com/tb.php/468-733f385c

Comment

DON

はじめまして。
先日台湾へ旅行へ行ったところ寺社などの所々で亀を見かけ、
何かと思い調べたところこちらのホームページへたどり着きました。
狛亀など、情報量が多くて大変参考になります。

台湾台南の赤崁樓に並ぶ九匹の龜碑は迫力がありました。
http://tw.myblog.yahoo.com/ckmanbo-ono/article?mid=-2&next=12451&l=f&fid=38
http://tw.myblog.yahoo.com/turtle-family/archive?l=f&id=176


台湾宜蘭県のシンボル、亀山島も横から見るとまさに亀のようでおもしろいです。
http://jp.taiwan.net.tw/m1.aspx?sNo=0003106&id=C100_164


ちょっと気をつけてみると亀像は意外に多いのか、今日参拝してきた静岡県にある秋葉山本宮にも
尾を含めれば1メートルはゆうに超える見事な玄武像があり、
折角なので投稿してみました。
http://yama-machi.beblog.jp/sakumab/2013/01/20-f92c.html
http://hamajinja.info/akihajinja.html

たいした情報でもないですが、ご参考になれば幸いです。
  • URL
  • 2013/11/17 02:50

亀松

DONさん、コメントありがとうございます。

国内の亀のことで手がいっぱいで、なかなか行く機会のない海外の亀の情報は集めていませんでした。

教えていただいた台湾の「龜痴」さん(直訳すれば「亀バカ」さんでしょうか)のサイトで、「贔屭馱碑」(たぶん「亀趺」でしょうか)を紹介しているのを拝見し、異国でも私と同じようなことをしている方がいることを知り、勇気づけられました。
貴重な情報ありがとうございます。

国内のリンクは、浜松市の秋葉神社の玄武彫刻ですね。
実は、いずれ訪問しようと思い既にリストアップしています(^o^)

現在、狛亀・亀像スポットについては、京都シリーズを紹介していますが、その後、撮影済の大阪、三重、愛知と紹介する予定ですので、お時間のあるときにご訪問いただければ幸いです。
  • URL
  • 2013/11/19 20:50

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

Kamematsu.net

Author:Kamematsu.net
屋外飼育しているミドリガメの亀松です。冬眠方法、自作ケージ、カメ観賞スポットなどを紹介しています。
詳細については、亀松NETでも紹介していますので、よろしければご覧ください。

ランキング確認

にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村でカメの人気ブログをチェック!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。