スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩手の雪山に亀を探しに行ってきました

先月(2013年2月)になりますが、岩手県花巻市の丹内山神社に亀を探しに行ってきました。
丹内山神社を紹介しているサイトの写真からして、本殿の彫刻の一部に亀がありそうだったからです。

神社までは、JR釜石線の晴山駅(写真下)から雪道を40分以上歩きました。

20130317-1.jpg

神社は、小高い山に鎮座しています。
真冬に訪れる参拝者はほとんどいないようで、参道が雪に埋もれていました。

20130317-2.jpg

本殿に参拝すると、さっそく彫刻を確認しましたが、残念ながら亀ではなく庭石(?)でした。
(T_T)
紹介サイトの写真では、並んで甲羅干しをする亀のように見えたのですが…。

20130317-3.jpg

亀がいないので、亀松NET・亀松BLOGでは紹介できないと落胆しながらも、晴山駅から苦労して雪道を歩いて来たので、じっくり境内を見学しました。

御神体の胎内石です。
雪のため胎内石に続く道がわからず、本殿背後の崖を無理やり登りました。

巨石の割れ目をくぐり抜けることができます。
壁面に触れないと大願成就すると伝えられているそうですが、とても狭いので上着が泥だらけになってしまいました。
(>_<)
壁面に触れても合格がかなえられるそうです。

20130317-4.jpg

丹内山神社には七不思議があり、案内板に説明が書かれています。
そのうち以下の2つは、真冬の厳寒期でないと確認することができません。

〔つらら〕
神社境内の建物につららが下がらないと伝えられています。
→社務所の建物につららが下がっていました。本殿にもつららがありました。
(*△*)

20130317-5.jpg

〔肌石〕
この石には、雪が積もらないと伝えられています。
→伝説通り、本当に雪が積もっていません。
(" ゚〇゚)!

20130317-6.jpg

寒さで震えながら1時間ほどいましたが、そろそろ帰ろうとしていたところ、相殿に亀彫刻があることを発見しました。
(v^ー゚)
胎内石をくぐった御利益でしょうか?

20130317-7.jpg

黒味を帯びた渋い蓑亀です。

20130317-8.jpg

亀松NET狛亀・亀像スポット丹内山神社【本編】のページを追加しましたので、興味のある方はご覧ください。
七不思議の詳細については、丹内山神社【番外編】をご覧ください。
(ただいま、カメ観賞スポットと狛亀・亀像スポットをあわせて、26都府県267スポットについて紹介しています。)


にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村でカメの人気ブログをチェック!
(クリックしていただくと、亀松BLOGのランクも上がり、励みになります。1日あたり1回まで有効です。)
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kamematsu.blog86.fc2.com/tb.php/422-55978b46

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

Kamematsu.net

Author:Kamematsu.net
屋外飼育しているミドリガメの亀松です。冬眠方法、自作ケージ、カメ観賞スポットなどを紹介しています。
詳細については、亀松NETでも紹介していますので、よろしければご覧ください。

ランキング確認

にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村でカメの人気ブログをチェック!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。