スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御嶽神社の亀たち(@東京都大田区)

ミドリガメ亀松は冬眠中ですので、代わりの亀の紹介です。
写真は、東京都大田区の御嶽(おんたけ)神社の亀彫刻です。

本殿左脇障子(縁側の行き止まりの板戸)に施された彫刻で、亀に乗り竜宮城を去る浦島太郎です。
右脇障子には、太郎を見送る乙姫の彫刻もあります。

20121127-1.jpg

本殿以外にも、亀彫刻が楽しめます。

20121127-2.jpg

20121127-3.jpg

亀松NET狛亀・亀像スポット御嶽神社のページを追加しましたので、興味のある方はご覧ください。
(ただいま、カメ観賞スポットと狛亀・亀像スポットをあわせて、25都府県237スポットについて紹介しています。)


にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村でカメの人気ブログをチェック!
(クリックしていただくと、亀松BLOGのランクも上がり、励みになります。1日あたり1回まで有効です。)
スポンサーサイト

ミドリガメ亀松は冬眠を開始しました

ミドリガメ亀松は、本日(2012年11月25日)から冬眠用ケースでの冬眠を開始しました。
脱皮が終わっていないため、コケ亀状態で冬眠を開始することになりました。

20121125-1.jpg

冬眠用ケースとしては、この冬も発泡スチロールを使っています。
今年も、キングタライにかぶせるフタを段ボールで作りました。
昨年と異なり、同じ大きさのものを2枚作り、重ねてかぶせています。

20121125-2.jpg

20121125-3.jpg

亀松NET亀松の冬眠のページに、冬眠開始直前1週間の気温・水温などを追加しましたので、興味のある方はご覧ください。

にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村でカメの人気ブログをチェック!
(クリックしていただくと、亀松BLOGのランクも上がり、励みになります。1日あたり1回まで有効です。)

池上本門寺の亀

今回は、「池上本門寺」として有名な東京都大田区の本門寺の亀の紹介です。
広大な敷地には、亀趺(亀の台座)にのった墓碑が数多くあります。

20121123-1.jpg

江戸中期に活躍した画家、狩野英信の亀趺墓です。
宝塔近くの狩野家墓所にあります。

20121123-2.jpg

伊予西条藩松平家墓所の亀像です。
甲羅に穴があるので、昔は石碑をのせていたと思われます。
丸顔の蓑亀です。

20121123-3.jpg

亀松NET狛亀・亀像スポット本門寺のページを追加しましたので、興味のある方はご覧ください。
(ただいま、カメ観賞スポットと狛亀・亀像スポットをあわせて、25都府県236スポットについて紹介しています。)

亀松NETに11基の亀趺を掲載しましたが、ほかにも亀趺があるようです。
(狩野寛信の墓が亀趺であることを把握していたのですが、撮影を失念しました

にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村でカメの人気ブログをチェック!
(クリックしていただくと、亀松BLOGのランクも上がり、励みになります。1日あたり1回まで有効です。)

ミドリガメ亀松は水底でじっとしています

写真は、本日午前9:00のミドリガメ亀松の様子です。
水温は11℃と低く、亀松は水底でじっとしています。
冬眠に近い状態ですが、目を開けているので寝ているわけではありません。

この1週間、最低水温は9℃、最高水温は18℃でした。
昨年、一昨年の冬眠を開始した時期に比べて、水温がまだ少し高いので、もう少し様子を見るつもりです。




 冬眠開始直前1週間の水温
 昨年  2011年11月27日  最低7℃~最高19℃ 
 一昨年  2010年11月20日  最低9℃~最高17℃ 

20121118-1.jpg
亀松NET


にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村でカメの人気ブログをチェック!
(クリックしていただくと、亀松BLOGのランクも上がり、励みになります。1日あたり1回まで有効です。)

狛亀スポットを追加しました(18スポットめ)

写真は、東京都大田区の照栄院妙見堂の狛亀です。
上の狛亀は残念ながら顔が欠損しています。
どのような顔つきだったのか気になります。

ちなみに「灯篭・蛇・亀&灯篭・蛇・亀型」の狛亀です。
(狛亀の分類や定義は狛亀についてをご覧ください。)

これで、現時点で把握している狛亀31スポットのうち、18スポットについて亀松NETで紹介していることになります。
全スポットの紹介を目指していますが、まだまだ時間がかかりそうです。

20121115-1.jpg

20121115-2.jpg

妙見堂の正面上部には、鶴亀松彫刻があります。

20121115-3.jpg

ほかにも本堂の亀彫刻や妙見堂に安置されている亀にのった妙見菩薩立像(非公開)もあり、亀と関連深い寺院です。

亀松NET狛亀・亀像スポット照栄院のページを追加しましたので、興味のある方はご覧ください。
(ただいま、カメ観賞スポットと狛亀・亀像スポットをあわせて、25都府県235スポットについて紹介しています。)


にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村でカメの人気ブログをチェック!
(クリックしていただくと、亀松BLOGのランクも上がり、励みになります。1日あたり1回まで有効です。)

馬のように歯をむき出した亀

写真は、東京都大田区の新井宿薬師堂の亀趺(亀の台座)です。
歯をむき出した口元は、馬のように見えます。
本当にこのような亀がいたら怖いですが、ニンジンをあげてみたいです。

20121111-4.jpg

20121111-5.jpg

20121111-6.jpg

亀松NET狛亀・亀像スポット新井宿薬師堂のページを追加しましたので、興味のある方はご覧ください。
(ただいま、カメ観賞スポットと狛亀・亀像スポットをあわせて、25都府県234スポットについて紹介しています。)


にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村でカメの人気ブログをチェック!
(クリックしていただくと、亀松BLOGのランクも上がり、励みになります。1日あたり1回まで有効です。)

ミドリガメ亀松の冬眠グッズを購入しました

この1週間、最高水温は20℃、最低水温は10℃と前の週と同じでした。

近くのスーパーに発泡スチロールをもらいに行ったものの、今週もちょうどよい大きさのものがありませんでした。
結局、ホームセンターで約300円で購入しましたが、昨年(捕獲3年目の冬眠)に使用したものよりも小さいものです。
水量が多い方が水温が安定するので、できれば昨年くらいの大きさのがほしかったのですが…。

乾かしておいた水ゴケ(昨年の使い回し)も、水にさらして準備しておきます。

20121111-1.jpg

下の写真は、昨日午前9:00のミドリガメ亀松の甲羅干しの様子です。
(本日はくもりのため、亀松が甲羅干しをしていないので、代わりの写真です。)
相変わらず甲羅にはコケが生えているので、コケ亀状態のまま冬眠開始となりそうです。

20121111-2.jpg

20121111-3.jpg

過去の冬眠は亀松NET-亀松の冬眠をご覧ください。
亀松NET

にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村でカメの人気ブログをチェック!
(クリックしていただくと、亀松BLOGのランクも上がり、励みになります。1日あたり1回まで有効です。)

亀をいじめる子供たち

久しぶりに関東の亀の紹介です。
写真は、千葉県習志野市の丹生神社の亀彫刻です。

子供たちが亀を押さえつけていますが、右の子は鋭利な道具を亀に振りおろそうとしています。

潮干狩りの彫刻なのですが、どうしてこのような状況になっているのかわかりません。
そもそも、縁起のよい亀をいじめているという彫刻は、神社・仏閣では珍しいのではないでしょうか。

20121107-1.jpg

社殿の南西約800mには、谷津干潟があります。

20121107-2.jpg

東京湾から干潟に入ってきたエイが泳いでいました。

20121107-3.jpg

亀松NET狛亀・亀像スポット丹生神社のページを追加しましたので、興味のある方はご覧ください。
(ただいま、カメ観賞スポットと狛亀・亀像スポットをあわせて、25都府県233スポットについて紹介しています。)


にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村でカメの人気ブログをチェック!
(クリックしていただくと、亀松BLOGのランクも上がり、励みになります。1日あたり1回まで有効です。)

Pagination

Utility

プロフィール

Kamematsu.net

Author:Kamematsu.net
屋外飼育しているミドリガメの亀松です。冬眠方法、自作ケージ、カメ観賞スポットなどを紹介しています。
詳細については、亀松NETでも紹介していますので、よろしければご覧ください。

ランキング確認

にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村でカメの人気ブログをチェック!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。