スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初詣はカメ神社へ

20101230.jpg
狛亀(カメの狛犬)や亀像がある神社めぐりをしました。

以下の5つの神社を亀松NETに掲載しましたが、狛亀や亀像のある神社仏閣は全国に点在するようなので、徐々に掲載を増やしていきます。 (写真は北星神社の狛亀です。)

隅田川神社(東京都墨田区)
亀有香取神社(東京都葛飾区)
諏訪神社(千葉県流山市)
柴崎神社(千葉県我孫子市)
北星神社(千葉県我孫子市)

※最新の狛亀情報につきましては、亀松NET「狛亀について」をご覧ください。


↓本日より、「にほんブログ村」に登録し、ランキングに参加してみました。
にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村でカメの人気ブログをチェック!
(クリックしていただくと、亀松BLOGのランクも上がり、励みになります。)
スポンサーサイト

親子亀のオブジェ

20101228-1.jpg
千葉県印西市の松山下公園交差点に、交通安全を呼びかける親子亀のオブジェが設置されていました。

20101228-2.jpg
近くで見ると、人よりも大きい巨大亀なので、インパクト大です。
亀松NET

自作の門松で正月準備

20101227.jpg
午後2時の水温は6℃で、冬眠しているミドリガメの亀松にとって、理想的な温度となっています。
眠っている亀松の横で、正月準備のため、門松を自作しました。

門松の自作といっても、本格的なものではありません。
土台は100円ショップで購入したゴミ箱に菰(こも)を巻いてガムテープでとめ、ハサミで切りそろえています。
土台の中には、砂を入れて青竹を固定しました。
飾り付けの葉ボタンは、本物をポットのまま入れていますが、松や南天は100円ショップで購入したイミテーションですので、毎年使い回しています。

唯一たいへんなのが、青竹の部分です。
近所のホームセンターには、3m以上の青竹しか置いておらず、自動車に入りきらないので、ホームセンターの駐車場でノコギリで切って持ち帰りました。

青竹をノコギリで斜め(角度20°)に切るために、治具(写真下)を作り使っています。
治具を一回作れば、毎年、同じ角度で簡単に切ることができます。
20101227-2.jpg
亀松NET

カメに関する標識など

20101224.jpg
沖縄県やんばる地域の某所で見かけた、カメが描かれた「動物注意」の道路標識です。
これ以外にもまちで見かけたカメに関する標識などを亀松NETに掲載しましたので、興味のある方はご覧ください。
亀松NET

冬眠開始から1ヶ月後

20101223.jpg
ミドリガメの亀松が冬眠を開始してから、1ヶ月が経過しました。
午前10:00時点での気温は13℃、水温は11.0℃でした。
亀松は水から出すとモソモソ動きましたので、特に問題なさそうです。
甲羅についているのは、水ゴケです。

前回確認時(2010年12月4日)以降
気温:最低2℃~最高18℃ → 16℃の変化
水温:最低5.1℃~最高13.2℃ → 8.1℃の変化

冬眠開始時(2010年11月20日)以降
気温:最低2℃~最高23℃ → 21℃の変化
水温:最低5.1℃~最高15.6℃ → 10.5℃の変化
亀松NET

ネオパークオキナワのカメ

20101219-1.jpg
20101219-2.jpg
亀松NETのカメ観賞スポットにネオパークオキナワを追加しました。
天然記念物のリュウキュウヤマガメ(写真上)が飼育展示されていました。
紹介ページでは、ミドリガメやヤンバルクイナの写真も掲載しています。
亀松NET

ハブ博物公園のカメ

20101212-1.jpg
20101212-2.jpg
亀松NETのカメ観賞スポットにハブ博物公園を追加しました。
12月中旬でも沖縄は暖かく、ゾウガメが屋外飼育されていました。
ミドリガメの亀松はすでに冬眠中ですが、ここのミドリガメ達は元気に甲羅干しをしていました。

ハブが主役ですが、カメ好きも楽しめる施設です。
下の写真は、リュウキュウヤマガメとミナミイシガメの交雑個体です。
亀松NET

クサガメの黒化現象(メラニズム)

ミドリガメの亀松は冬眠中なので、別のカメの話です。
実家のクサガメ「シン」の約10年前の写真をたまたま発見しました。

17年くらい飼育していますが、全身同じように黒化現象(メラニズム)が進んだとばかり思っていました。
ところが、10年前の写真を見ると、眼は黒いのですが、甲羅が茶色で首にうっすらとクサガメ特有の模様が残っていたことがわかりました。

クサガメの黒化現象は、まず眼が黒くなり、後から甲羅や首も黒くなるようです。
違和感はありますが、眼だけ真っ黒なクサガメもかわいいことに気づきました。

10年前(2000年10月)のクサガメのシン↓〔眼だけ真っ黒〕
黒化現象初期のクサガメのシン1
黒化現象初期のクサガメのシン2


最近(2010年11月)のクサガメのシン↓〔全身が真っ黒〕
黒化現象が完了したクサガメのシン

なお、実家でシンよりも長く飼っているクサガメがいるので、そのうち亀松BLOGで紹介する予定です。
(手持ちの写真がないので、実家に寄った際に撮影します。)
亀松NET

Pagination

Utility

プロフィール

Kamematsu.net

Author:Kamematsu.net
屋外飼育しているミドリガメの亀松です。冬眠方法、自作ケージ、カメ観賞スポットなどを紹介しています。
詳細については、亀松NETでも紹介していますので、よろしければご覧ください。

ランキング確認

にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村でカメの人気ブログをチェック!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。