スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀の滝登り!?(@埼玉県草加市)

関東の亀の紹介が続きます。
写真は埼玉県草加市の富士浅間神社です。

20140104-1_201401041221211a5.jpg

本殿に彫刻に彫刻が施されていて、亀の彫刻もあります。

20140104-2.jpg

滝で遊ぶ亀のようですが、もしかすると亀の滝登りでしょうか。

20140104-3.jpg

雄鶏・雌鶏と蘇鉄の彫刻です。
蘇鉄は子株が多いことから、子孫繁栄が想起される縁起のよい図柄です。

20140104-4.jpg

亀松NET狛亀・亀像スポット富士浅間神社のページを追加しましたので、興味のある方はご覧ください。
(ただいま、カメ観賞スポットと狛亀・亀像スポットをあわせて、28都府県305スポットについて紹介しています。)


にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村でカメの人気ブログをチェック!
(クリックしていただくと、亀松BLOGのランクも上がり、励みになります。1日あたり1回まで有効です。)
スポンサーサイト

亀にのった先祖供養碑

ミドリガメの亀松は冬眠中ですので、今回も代わりの亀です。
写真は、埼玉県飯能市の智観寺の先祖供養の亀趺碑です。
亀は、かわいらしい愛嬌のある顔をしています。

20120214-1.jpg

20120214-2.jpg

亀松NET狛亀・亀像スポット智観寺のページを追加しましたので、興味のある方はご覧ください。
(ただいま、カメ観賞スポットと狛亀・亀像スポットをあわせて、18都府県151スポットについて紹介しています。)


にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村でカメの人気ブログをチェック!
(クリックしていただくと、亀松BLOGのランクも上がり、励みになります。1日あたり1回まで有効です。)

亀にのった石仏

ミドリガメの亀松は冬眠中ですので、今回も代わりの亀の紹介です。

写真は、埼玉県飯能市の「お不動様」と呼ばれる亀にのった石仏です。
小さなお堂の格子から覗いて撮影しましたが、甲羅や蓑がしっかり刻まれているので、明らかに亀です。

20120211-1.jpg

20120211-2.jpg

亀松NET狛亀・亀像スポットお不動様のページを追加しましたので、興味のある方はご覧ください。
(ただいま、カメ観賞スポットと狛亀・亀像スポットをあわせて、18都府県150スポットについて紹介しています。)


にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村でカメの人気ブログをチェック!
(クリックしていただくと、亀松BLOGのランクも上がり、励みになります。1日あたり1回まで有効です。)

亀と猫

ミドリガメの亀松は冬眠中ですので、今回も代わりの亀の紹介です。

写真は、埼玉県秩父市の秩父神社大祭御旅所(ちちぶじんじゃたいさいおたびしょ)の亀像です。
秩父夜祭りでは、この御旅所に笠鉾・屋台が曳き揃えられるそうです。

20120205-3.jpg

撮影に行った際、偶然、亀の前を猫が歩いていました。

20120205-4.jpg


亀松NET狛亀・亀像スポット秩父神社大祭御旅所のページを追加しましたので、興味のある方はご覧ください。
(ただいま、カメ観賞スポットと狛亀・亀像スポットをあわせて、18都府県149スポットについて紹介しています。)


にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村でカメの人気ブログをチェック!
(クリックしていただくと、亀松BLOGのランクも上がり、励みになります。1日あたり1回まで有効です。)

亀と猿

ミドリガメの亀松は冬眠中ですので、今回も代わりの亀の紹介です。

写真は、埼玉県秩父市の秩父神社の亀彫刻です。
彩色された迫力のある亀です。

20120205-1.jpg


秩父神社には、亀以外にも社殿に多くの彫刻が施されています。
この三猿は、日光東照宮の三猿と異なり、「よく見て、よく聞いて、よく話す」お元気三猿と呼ばれているそうです。

20120205-2.jpg


亀松NET狛亀・亀像スポット秩父神社のページを追加しましたので、興味のある方はご覧ください。
(ただいま、カメ観賞スポットと狛亀・亀像スポットをあわせて、18都府県148スポットについて紹介しています。)


にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村でカメの人気ブログをチェック!
(クリックしていただくと、亀松BLOGのランクも上がり、励みになります。1日あたり1回まで有効です。)

秩父札所めぐりの亀

ミドリガメの亀松は冬眠中ですので、今回も代わりの亀です。

写真は、埼玉県秩父市の金昌寺の亀之子地蔵尊です。
金昌寺は秩父札所めぐりや、石仏が多くあることで有名ですが、このような素晴らしい亀にのったお地蔵さまもありました。

20120203-1.jpg

20120203-2.jpg


金昌寺に参詣する途中で、亀ベンチも見かけました。

20120203-3.jpg


亀松NET狛亀・亀像スポット金昌寺のページを追加しましたので、興味のある方はご覧ください。
(ただいま、カメ観賞スポットと狛亀・亀像スポットをあわせて、18都府県147スポットについて紹介しています。)


にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村でカメの人気ブログをチェック!
(クリックしていただくと、亀松BLOGのランクも上がり、励みになります。1日あたり1回まで有効です。)

浦島太郎にのられておぼれそうな亀

3回にわたって紹介する浦島太郎シリーズの第三弾です。

写真は、埼玉県川越市の川越氷川神社の亀彫刻です。
浦島太郎が蓑亀にのって竜宮城へ向かうところですが、太郎に比べ亀が小さいため亀がおぼれそうです。
亀にとって人間をのせて泳ぐのは命がけです。

20111228-1.jpg

この彫刻は本殿正面に施されていますが、玉垣で囲まれていて近づいて見ることができません。

彫刻を紹介する案内が玉垣に掲示されているのですが、しばらく探したものの、どの部分にあるのかわかりませんでした。
(゚□゚;)
神職の方にお聞きして、ようやく見つけることができました。
(お忙しい中、丁寧に教えていただきありがとうございました。)

撮影も難しく、普通に撮ると下の写真のように獅子が浦島太郎に重なってしまいます。
玉垣のすき間からカメラを入れることで、どうにか上の写真が撮影できました。
上の写真はピントがあっていませんが、神社に到着してから30分ほど苦戦した成果ですので、これでも満足しています。
(^ ^)v

この彫刻の紹介で、狛亀・亀像スポットが100スポットに達しました。
ミドリガメの亀松は冬眠中なので、この季節は狛亀・亀像の紹介が中心になりそうです。

20111228-2.jpg

亀松NET狛亀・亀像スポット川越氷川神社のページを追加しましたので、興味のある方はご覧ください。
(ただいま、カメ観賞スポットと狛亀・亀像スポットをあわせて、18都府県134スポットについて紹介しています。)

にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村でカメの人気ブログをチェック!
(クリックしていただくと、亀松BLOGのランクも上がり、励みになります。1日あたり1回まで有効です。)

亀に酒を飲ませる浦島太郎

3回にわたって紹介する浦島太郎シリーズの第二弾です。

写真は、埼玉県川越市の六塚稲荷神社の亀彫刻です。
浦島太郎が蓑亀に盃の酒を飲ませています。

20111224-1.jpg

20111224-2.jpg

①亀は酒を飲むと元気になるのか
②太郎はいつも酒を持ち歩いているのか
③太郎がのったら亀がつぶれないか
④蓑亀の蓑は海草なのか

いろいろ考えさせられる興味深い彫刻です。

亀松NET狛亀・亀像スポット六塚稲荷神社のページを追加しましたので、興味のある方はご覧ください。
(ただいま、カメ観賞スポットと狛亀・亀像スポットをあわせて、18都府県133スポットについて紹介しています。)


にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村でカメの人気ブログをチェック!

Pagination

Utility

プロフィール

Kamematsu.net

Author:Kamematsu.net
屋外飼育しているミドリガメの亀松です。冬眠方法、自作ケージ、カメ観賞スポットなどを紹介しています。
詳細については、亀松NETでも紹介していますので、よろしければご覧ください。

ランキング確認

にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村でカメの人気ブログをチェック!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。